コールセンター代行マニュアル

代行利用の際に必要な物

コールセンター代行利用の際に必要な物とは?

代行利用の際に必要な物 コールセンター代行を利用するうえで必要な物は何といってもマニュアルです。オペレーターの電話対応方法やルールを記したマニュアルの作成は必要不可欠であり、そのマニュアルがないと対応の有り無しと言った線引きができなくなります。
そのためオペレーターごとに異なった対応をしてしまうことがあり結果として顧客の信用を失うことになります。つまりコールセンター代行を利用する場合でも、マニュアル作成は必要なものであり、電話を取るところから対応完了までの対応フローをしっかりと作成しておくことでスムーズな電話のやり取りが可能となります。加えて、トークスクリプトも必要な物と言えます。
会社の名乗り方や電話が聞き取りにくい際の言い回し、担当者不在の場合の言い方など、ケースごとにトークスクリプトを用意しておくことは、相手に対し失礼のない話し方をする上でとても重要です。コールセンター代行利用の際には、これらの点を抑えておくと良いでしょう。

コールセンター代行のマニュアル教育にかかる期間とは?

コールセンター代行のマニュアル教育 コールセンター代行では、依頼者の代わりにオペレーターが電話などでの対応をする形になりますので、その対応マニュアルを作成し、マニュアル教育をしっかり施すことが必要です。元々、電話を利用した事務作業などを行っていた方にとっては、スムーズにオペレーターの仕事を行えて勤まりやすい傾向がありますが、誰しもがそういった経歴を持っていません。
そのため初めての方も意外と多いため、マニュアル教育による研修期間が必要となり、その期間についても仕事の難易度に寄りますが早くて1週間、念入りに行うなら1ヶ月~3ヶ月程度の期間を要します。ただ実際には様々な形で問い合わせも多くなる実情に合わせて、マニュアルなどの定期的な見直しなども行われる形になります。
コールセンター代行の業務は、実際に業務を行うことによる実績をデータ化して、対応ノウハウを変化させる必要があります。そのため、最初のマニュアル教育の他にマニュアルの見直しを行い、その都度、教育を行うことも重要なポイントとすることも多いです。

 

Copyright (c) 2017 コールセンター代行マニュアル. All rights reserved.