コールセンター代行マニュアル

代行スタッフに必要な資格

コールセンター代行スタッフとして働くのに必要な資格はある?

代行スタッフに必要な資格 コールセンター代行スタッフとして働くときに必要な資格があります。ただこれは絶対に必要とするものではなく働くときに有利になるものです。コールセンター業務の資格として有名なのはコネクトセンター検定試験です。
コネクトセンター検定試験は一つの資格の中でもレベルにより大きく違いが分けられています。オペレーター資格はコールセンター代行で働くときに必要となる基本的な知識とスキルを学べる初級です。働く前にスキルがあるか試すにも良いですがこの資格を取得してもコールセンターへの就職自体が有利になることはあまりないです。
ほかにスーパーバイザー資格がありこれはコールセンターで必要な綜合的スキルと専門的な知識があるかを審査します。オペレーター資格と比べるとかなり難易度は高くて取得するとコールセンター業務に就職するときにもかなり有利になります。
コールセンター代行スタッフとして働くときには、先にこの二つの資格を取得しておいたほうが有利です。

コールセンター代行スタッフの仕事内容とは?

コールセンター代行スタッフの仕事内容とは? 多くの企業が、顧客満足の向上を図るために、電話受付をコールセンター代行に依頼しています。多種多様な業種のため、コールセンター代行の仕事内容の業務も多岐に亘ります。
まず、緊急コールセンターでの受付業務です。365日24時間の受付体制となっており、お客様の一時対応を行います。すばやく修理やメンテナンスなどを手配しお客様に安心感を与えます。
続いて、カスタマーセンターやテクニカルサポートの対応業務です。製品についての使用案内であったり、購入後のサポートを行います。そのため、商品知識を熟知し的確な対応が必要となります。
相談窓口での対応業務もあります。日々、企業に対して入ってくいるお客様の声を正確に収集し、報告することで、業務改善に活用されます。 その他には、キャンペーンやセミナー・イベントの受付などの短期間の受付業務もあります。それぞれの内容を十分に把握し正確に案内する必要があります。
このように、業種によって様々な目的においてコールセンター代行が依頼されるのです。

 

Copyright (c) 2017 コールセンター代行マニュアル. All rights reserved.